カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ほうれい線、絶対薄くしてやるっ!(笑)

ほうれい線、絶対薄くしてやるっ!(笑)

ミッチェルでーす。
20代の初めの頃にはぜーんぜん気にしてなかったほうれい線が、最近やけに目立って来てる!夫にも「最近、老けたんじゃね?」って言われるし、、。

こうなったら、ガンバってほうれい線に立ち向かってやる!そういうわけで、ワタクシ、ほうれい線を消すことにパワーを使いたいと思います。

まずは化粧水。アトピー持ちっていうこともあり、なかなか自分に合うものに出会えないんですが、皮膚科の先生が作っている「タマシャン」が素晴らしい!

この間、資生堂でお肌チェックをしたんですが、「肌のきめ」も「水分保持量」もちゃんといいレベルに達してました。実はそのレベルに達したのは初めてで、この化粧水の素晴らしさを実感したのであります。これはほうれい線に間違いなく効くはずです!

次に頑張ったのは、顔の筋トレ。ヨガで顔の筋トレをするものがあるので、それを参考にしながら思いっきり「変顔」のオンパレード(笑)より目をしたり、舌を思いっきり出したり。顔のトレーニングをすると、ほおがピンとなりました。これは効いてる!ってわかります。
ちょっと大変だけど、歯を磨く時に一緒に顔のヨガもすることに決めて、化粧ノリを良くする作戦です。ほうれい線にファンデーションが入ったら、ちょっと恥ずかしいもんね。

そして超音波美顔器。これは以下サイトがとても参考になりました。
ほうれい線を消すには「超音波美顔器 + 表情筋トレ」が一番

どうも顔の筋トレだけじゃなく、プラスして超音波美顔器を使うとさらにほうれい線に効果的だとのこと。早速買って今やってみたら、かんなり肌つやが違います!化粧ノリもかなりよくなったので、ずっと継続していこうかと。

若々しさを保つために、これからも毎日頑張らないとね☆

反抗期が抜けた息子のこれから

反抗期が抜けた息子のこれから

ミッチェルです、どうも~。
ここ数年の悩みの種、それは我が長男(15歳)。13歳頃から始まった反抗期もここ最近落ち着いてきたけどね、今になって、その頃ないがしろにしていた勉強が、大きな痛手となって返ってきてるところ。

勉強、宿題しない、スマホと密着生活。試験なんぞは前日ちょろっと勉強しただけ、いや、、机に向かっただけ。特に嫌いな教科は、将来何の役にも立たないと逆ギレ。もちろん学校の成績は最下位。

されど、自分はデキルと思っている残念際割ない思考回路。夫や私が何を言っても無駄、大声出して威嚇したり、壁に穴を開けたり、それはそれは大変だった。

そんな反抗期から抜けたこの頃、興味のある分野を見つけ、いざ勉強となれど自分に甘いのは変わらず。勉強も人一倍、百倍頑張らないと追いつけないのに、のいまいち踏ん張れず。自分で開けた穴が大きすぎて、なかなか埋められないのが現状。

そうやって学んでいくもんだけどね、一度こっぴどく痛い目に遭わないと分からないんだ!と、私も思ってたけどね。親なんてバカなもんで、我が子が不利な状況に立ってると、どうにかして良い方向へ転んでくれないだろうか、なんて願っちゃうもんだ。

しかっし、子どもが大きくなれば悩みも大きくなるもんだな~。

心身ともにシャキッとするには!

心身ともにシャキッとするには!

こんにちわ☆うちなー主婦のミッチェルです(^ω^)

雨が続いたり曇り空だと、どうしても気持ちがふさぎこみがちになったり、シャキッとしない感じがしますよね。子どもたちの面倒見なきゃと思ってもなかなかそれも気乗りせず、かといって休むわけにも行かず。恨めしく空を見上げるばかりで、困ったものです。

そんなときは、生活の知恵というか、裏技というほどでもないのですが、私の場合はホントに簡単なことで解決してます。それは、朝起きたときの乾布摩擦です!

どんな根拠があるのかわからないのですけど、個人的な経験なんですが、硬い布でごしごしこすって皮膚を鍛えると、シャキッとすることに気がついたんです。それからは目が覚めたらまずは乾布摩擦!

お風呂でもメンズ用の固めのタオルをつかって身体をゴシゴシゴシゴシ!子どもたちも(もちろん手加減しながら)ゴシゴシゴシゴシ!これだけで自分だけじゃなくて家族の健康も守れるスグレモノです。

どうも体調が優れなかったりすると、以前はすぐお医者さんに行ったり、薬局で薬を買い込んだり、ネットでサプリや健康食品をあさっていました。でも自分の身体の根本が治っていないんじゃどうしようもない!と思い、原点に立ち返ってみたのです。

こういう健康に関することってすぐ他力本願なやり方に頼ることを考えてしまいがちなんですが、ほんの少しの工夫で生活そのものを改善するだけで劇的に変わったりするから面白いものです。

これからも子どもたちのことも考えて、質のいい生活の知恵をどんどん取り入れていこうと思った次第でございます(^ω^)